お役立ち情報

子供の虐待

弱くて逃げ場のない子供が犠牲になっています。どの子供にも安心して健やかに育つ権利があります。親として、そして地域に暮らす大人として、自分の子供だけでなく地域の子供の生活にも心を配っていきましょう。

どのようなことが虐待なの?

子供の心や身体を傷つけたり、健全な成長や発達を損なう行為をいいます。実際にはいくつかの行為が重複していることが多く見られます。

身体的虐待

子供に苦痛を与えたり、身体に傷を負わせる、または生じる恐れがある暴行を加えること。殴る・蹴る・突き飛ばす・熱湯をかける・首をしめる・溺れさせる・ タバコの火を押し付けるなどがあります。縄などで身体を拘束する、冬に戸外ヘ締め出すなども含まれます。

ネグレクト(不適切な養育・保護の怠慢)

健康状態を損なうほどの不適切な養育、あるいは危険についての重大な不注意。家に閉じ込める・子供の意思に反して学校に登校させない・重大な病気になっても病院に連れて行かない・乳幼児を家に残したままたびたび外出する・乳幼児を車に放置する・適切な食事を与えない・衣類を不潔なままにする…など。

心理的虐待

ことばによるおどかしや拒否的な態度などで、子供の心を傷つける行為のことです。 「お前なんか生まれてこなければよかった」などと言ったり、大声で怒鳴ったりすることや、子供からの働きかけに応えなかったり、きょうだい間で著しい差別をしたりすることなどです。

性的虐待

子供に性的な行為やいたずらをすること。強要して子供の裸を写真やビデオにとることも含まれます。

子供の虐待は、子供への不適切な関わりから生じます。虐待をしている多くの人は、虐待行為を「しつけのためにしている」と言いますが、その行為が虐待か否かは子供の立場に立って判断されるべきものです。

虐待かも?

虐待に気づいても「間違っていたらどうしよう。」とためらったり、「恨まれないか。」「面倒なことに巻き込まれる。」などの思いから抱え込んでしまいがちです。
児童福祉法及び児童虐待防止法では、虐待を見つけた人は誰でも児童相談所若しくは福祉事務所ヘ「通告」しなければならないと定めています。「通告」というとおおごとなイメージですが、まず情報提供や協力援助を依頼するという「相談」のような感じで捉えましょう。
通告した人に立証責任を負わせることはありません。間違いであっても責められることもありません。さらに、通告者、通告内容を相手に知らせることはありません。通告した人が面倒に巻き込まれないよう十分に配慮されますので、安心して以下の相談先、又は地域の児童委員に連絡してください。

こども総合支援センター

TEL 073-402-7830

虐待かもと思ったら
児童相談所全国共通ダイヤル 189(いちはやく)番へ

児童相談所
和歌山県子供・女性・障害者相談センター

TEL 073-445-5312

命の危険があるかも…など緊急性があるときは迷わず、警察に…110番

育児ストレスや不安は誰でもあるもの。でもどんなに育児がつらくても子供に暴力をふるうようなことは絶対にしてはいけません。あとで「ごめんね」と抱きしめても、ぶたれた子供はとても怖い思いをしています。ときには自分の時間も大切に。育児ストレスから解放されることがキーポイントです。自分自身の子育てがうまくいっていないと感じた時は相談してくださいね。
保健センター・ママパパラインでも相談にのります。