お役立ち情報

入園について

うちの子もそろそろ入園!でも…

  • ● 平成27年度からスタートした「子ども・子育て支援新制度」で何が変わったの?
  • ● うちの子供は幼稚園?保育園?認定こども園?どこの園でも入園できるの?手続きは?
  • ● そろそろ仕事に復帰しようと思うけど、子供はどこで預かってくれるの?

いろいろ不安になりますよね…そんな時は子育てプランナーに相談してみませんか?どんな些細なことでも相談に乗ってくれますよ。必要に応じて関係機関への連絡調整も行ってくれます。子育てに関する最初の相談窓口として利用してみて下さいね。

子育てプランナー事業
【場所】
●和歌山市役所東庁舎2階  子育て支援課 向い窓口
●地域子育て支援拠点施設なかのしま  和歌山市中之島1296

施設利用希望の場合は認定が必要になります!!

3つの認定区分

1号認定

教育標準時間認定
お子さんが満3歳以上で、幼稚園等での教育を希望される場合
[ 利用先 ] 幼稚園 認定こども園

2号認定

保育認定(満3歳以上)
お子さんが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合
[ 利用先 ] 保育所 認定こども園

3号認定

保育認定(満3歳未満)
お子さんが満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合
[ 利用先 ] 保育所 認定こども園

施設を選ぶポイント!

施設の場所で選ぶ

自宅や送迎をお願いできる方のお宅、職場の近く、職場までの道中等、各家庭の都合にあった場所を選びましょう。徒歩で通うのか、園のバスに乗るのかなど、通園方法によって選ぶのもいいですね。(バス通園の有無は各施設によって違います)

通園期間、保育時間で選ぶ

保育年齢は各施設によって違います。子どもさんの成長や性格と照らし合わせて考えてみましょう。また、早朝・延長保育の有無など保育時間もあわせて考えてみましょう。

保育方針で選ぶ

保育方針、教育方針も各施設によって違います。園の雰囲気・保育料・給食やお弁当の回数など、園によって特色もさまざまです。園庭開放や未就園児のクラスを実施している園もありますので、実際に施設に見学に行き、気になることを納得いくまで聞いてみましょう。

認定こども園

認定こども園は、幼稚園と保育所の機能や特徴を併せ持ち、地域の子育て支援も行う施設です。

  • ● 保護者の働いている状況に関わりなく、どのお子さんも教育、保育を一緒に受けることができます。
  • ● 保護者が働かなくなったなど、就労状況が変わった場合も、通い慣れた園を継続して利用できます。
  • ● 子育て支援の場が用意されていて、園に通っていない子供の家族も、子育て相談や親子の交流の場などに参加できます。

保育所

保育所は、児童の保護者が仕事を持っている等の理由で、乳幼児を保育できない場合に保護者に代わって日々保育する児童福祉施設です。したがって小学校入学準備のためや集団生活に慣れさせるため等の理由では利用の対象となりません。


利用開始後、お子さんの集団生活への適応などを目的とした「慣らし保育」があります。(期間は施設によって異なる)お仕事復帰の一ヶ月前から利用することができます。

毎月の利用者負担額(保育料)は、各世帯の課税状況・世帯構成等によって決まっています。和歌山市HPにてご確認ください。

申し込み方法

保育施設を利用希望の場合は、保育利用申込みに必要な以下の書類を、保育こども園課(市役所東庁舎2F)まで持参します。そのとき面接による家庭調査が行われますので、家庭事情に詳しい人が行きましょう。なお、年度当初(4月1日)からの利用申込みについては、「市報わかやま」10月号にてご確認ください。

利用申込に必要な書類 施設型給付費等支給認定申請書・保育利用調整申込書
(保育こども園課、各保育所、認定こども園にあります)
保護者の印鑑・マイナンバーカードや通知カード・身元確認書類
申請の理由に基づき必要な書類(就労証明書等)

問合:保育こども園課
TEL 073-435-1064
住所 和歌山市七番丁23番地 市役所東庁舎2F
上記は認可保育施設の利用案内です。保育時間が合わない等の理由で認可外保育施設を利用される方は各施設にお問い合わせをしてください。