赤ちゃんが出来たよ

これからパパ・ママになるあなたヘ

これから赤ちゃんが生まれるという嬉しい気持ちと同時に妊娠・出産・育児を迎える不安、そしてママをサポートするパパも不安を抱えて毎日を過ごしていませんか?
出産は一人でするものではありません。パパも一緒に出産・育児·子育てを楽しめるスタイルをご夫婦でよく話し合ってみましょう。
給付金がもらえたり、控除が受けられる場合もあるので事前に調べておくと安心ですね。

働きながら子育てするママには、妊娠・出産・育児について定められていることをまとめました。参考にしてみてください。

出産予定日や休業の予定を早めに会社に申し出ましょう

*妊娠中の職場生活

妊婦は、時間外労働、休日労働、深夜業の免除を請求できます。
また、他の軽易な業務への転換を請求できます。

*産前・産後休業

出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週前)から、請求すれば取得できます。
また出産の翌日から8週間は就業することができません。ただし、産後6週間を経過後に、本人が請求し、医師が認めた場合は就業できます。
産前・産後休業中は、社会保険から賃金の3分の2相当額が支給されます。

*産後休業後に復帰

生後1年に達しない子を育てる女性は、1日2回各々少なくとも30分間の育児時間を請求できます。また、産後1年を経過しない女性は、妊娠中と同じように時間外労働、休日労働、深夜業の免除を請求できます。

*育児休業

1歳に満たない子を養育する労働者は、男女問わず正社員だけでなく、契約期間の定めのある労働者であっても、一定の要件を満たしていれば育児休業を取ることが出来ます。(ママは出産日、産後休業期間を合わせて1年間)また、保育所に入所できなかった場合は、1才6ヶ月を限度として会社に育児休業を申し出ることができます。

*子の看護休暇

小学校入学前の子を養育する男女労働者は、年次有給休暇とは別に子供1人につき5日、2人以上の場合は10日までを限度として、病気やけがをした子の看護や、予防接種、健康診断の付き添いのために休暇を取得することができます。

*給付金

  • ・ 育児休業給付金…育児休業期間中の給与の一部が、雇用保険から支給。
  • ・ 出産育児一時金…一児につき42万円(あるいは40.4万円)が健康保険から支給。
  • ・ 出産手当金…被保険者が出産の為仕事を休み給料等をもらえない時、健康保険から支給。
  • ・ 社会保険料の控除…育児休業中の社会保険料(健康保険料と厚生年金保険)は免除。
  • ・ 雇用保険料の控除…給与が支払われていない期間については、保険料の負担はありません。

参考ホームページ

女性労働者の母性健康管理のために(厚生労働省ホームページ)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku05/

妊娠・出産に関する法制度についての女性情報サイト
「妊娠・出産をサポートする女性にやさしい職場づくりナビ」

http://www.bosei-navi.go.jp/

もしくは、和歌山労働局雇用均等室(和歌山市黒田2-3-3 和歌山労働総合庁舎4F)
TEL:073-488-1170へお尋ねください。

事業主として、子供を育てる男女労働者には…

  • ●以下を理由とする解雇その他不利益取り扱いは禁止されています。
  • ◎妊娠・出産・産前産後休暇を取得したこと
  • ◎妊娠中時差通勤などを請求したこと
  • ◎妊娠または出産に起因する能率低下など
  • 妊娠中・産後1年以内の解雇は「妊娠・出産・産前産後休業取得による解雇でないこと」を事業主が証明しない限り無効。また産前・産後休業期間及びその後30日間の解雇は禁止。
  • ●次の制度を整備しておかなければなりません。
  • ◎3歳に満たない子供を育てる労働者に
  • 1.短時間勤務制度(1日原則6時間)
  • 2.所定外労働の免除
  • ◎小学校就学前の子供を育てる労働者に
  • 1.時間外労働の制限
  • 2.深夜業の制限

パパはお仕事の事情で子供と関わる時間を十分にとれないという方も多いかもしれません。でも、「働き盛り」と「子育て盛り」の時期は同時進行です。ほんのわずかなことしか出来なくても、忙しい中パパがサポートしてくれたというだけでママは安心し、実質的なサポートにつながります。
仕事も子育ても楽しめる、あなたたちに合ったライフワークバランスを探してみてはどうでしょう。詳しくは厚生労働省のHPを参考にしてみてくださいね。

[ 父親のワークライフバランス ] 検索